日々思ったことや情報を楽しいことを発信していきます

らくらく徒然情報

スポンサードリンク




PC

【2018年】ゲーミングモニターおすすめ

投稿日:

皆さんこんにちは今回はゲーミングモニターについて調べていこうと思います。

パソコンやPS4などでゲームをするさいに映像を映し出すものですが普通は普通のモニターでも大丈夫です。しかしゲーミングモニターを使うとそのゲームのクオリティーをさらに上げ臨場感もさらにまします。

普通のモニターとゲーミングモニター

普通のモニターとゲーミングモニターの違いは「リフレッシュレート」が異なること。リフレッシュレートとは、処理した映像を実際に描写するのにかかる時間のことで、普通のモニターは約60〜75Hzほどですが、ゲーミングモニターは120〜165Hzが主流です。

また、ゲーミングモニターであれば入力遅延もしっかりとカバー。入力遅延が少なければストレスも少ないため、通常のPCモニターよりもゲームに集中できます。

なお、目安として通常モニターの入力遅延は32msほどですが、ゲーミングモニターの場合は約16ms。ゲーミングモニターを購入する際は、入力遅延の数値もしっかりチェックしてきましょう。

モニターの選び方

モニターの大きさ

サイズが大きいとゲームの迫力は増します。しかしゲームによっては情報量が増えかつ場所もとります。基本24~27がおすすめです。

解像度

ゲームのリアルさを上げてくれます。フルHDは欲しいところ。しかしPCとモニターのスペックがあってないと性能を生かしきれません。

応答速度

応答速度は、画面の色の変化のどれだけ時間がかかるかを示しています。応答速度がよいほど、残像を残さず滑らかな映像を見ることが可能です。ゲーミングモニターの応答速度は2msから1msに設定できるモノが多いですが、よりクオリティを求めるのであれば1msを選ぶのがおすすめ。なお、FPSゲームやアクションゲームなどをする方も1msの応答速度を誇るゲーミングモニターを選ぶとゲームをより楽しめます。

リフレッシュレート

リフレッシュレートとは1秒間に画面を書き換える回数のこと。いわゆるコマ数です。パラパラ漫画もコマ数が多ければ多いほど滑らかな動きになりますが、それと同じことがモニターにも言えます。

FPSをやるなら「144Hz」がおすすめ

本格的にFPSをプレイするなら、144Hz以上のモニターを使用するのがおすすめ。プロゲーマーの中で、60Hzのモデルを使ってる人ほとんどいません。60Hzと144Hzでは2倍以上もコマ数が違うため、エイムのしやすさも段違いです。

240Hz

最近では、リーズナブルな価格の240Hz対応ゲーミングモニターが多数ラインナップされています。より適した環境でFPSをプレイしたいなら、購入を検討してもよいでしょう。

ただし、240Hzのリフレッシュレートは、Display PortかHDMI2.0を使用して映像を出力した場合しか使えません。モニターの入力端子に、DVI-DLやHDMI1.4などが搭載されていても、実際にはリフレッシュレートが制限されてしまうことには注意してください。

60Hz

家庭用ゲーム機の場合、ゲーミングPCとは違い、高いリフレッシュレート性能を活かせないことも。例えば、PS4では1秒間に最大60枚までしか画像データを出力できないため、モニターのリフレッシュレートも60Hzで事足ります。

また、4K対応ゲーミングモニターは、現状60Hzまでのモデルがほとんど。PS4 Proでは4K出力が可能であり、モニターが144Hz以上に対応している必要もないので、4Kモニターとの相性が良好です。

液晶パネルの種類

TNパネル

TNパネルの特徴は比較的リーズナブルで、応答速度が速い点。応答速度が良好なモニターなので、FPSを楽しみたい方やアクションゲームをやりたい方におすすめです。なお、視野角や角度によって色合いに変化が生じる可能性があるので、その点は留意しておきましょう。

IPSパネル

IPSパネルの特徴は視野角が広く、色合いに変化も生じにくいところがメリット。しかし、他のパネルと比べると高価な上に応答速度はやや劣ります。オンラインでMMORPGをやる方におすすめのパネルです。

VAパネル

VAパネルの特徴は、応答速度が早くTN型よりも黒が基調となるので、コントラストのメリハリがより際立つところ。しかし、視野角や角度によっては色合いの変化が気になる場合があります。その場合は画面全体の光量をフラット化することである程度カバーが可能です。

おすすめゲーミングモニター

エイスース(ASUS) ゲーミングモニター24型 VX248H

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リーズナブルな価格の24型ゲーミングモニター。低価格ながら応答速度は1msと高速なので、PS4で動きの速いゲームをプレイする方におすすめです。

本製品は、広い明暗差を表現できる「ASCRテクノロジー」を搭載。80000000:1というコントラスト比を実現しており、明るい部分はより明るく、暗い部分はより暗くといったメリハリのある映像を映し出します。

また、HDMIポートを2つ装備しており、普段使用するPCとPS4の両方を同時に接続できるため、ケーブルを抜き差しする必要がありません。

エイゾー(EIZO) 23.8型エンターテインメントモニター FORIS FS2434-R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表示遅延が0.05フレーム未満の23.8型ゲーミングモニター。PS4でアクション性の高いゲームをプレイするときに重宝する1台です。左右と上部のフレームがわずか6mmのスタイリッシュなデザイン。マルチディスプレイにしても違和感がなく、ゲームに没入でき高い臨場感が味わえます。

ゲーム・動画・アニメなど、映像に合わせて画質を補正できるのがポイント。補正量は、オフを含めた6段階で、明るさ・彩度・コントラストを調節できます。EIZO独自の超解像度技術も備えていて、レトロゲームなどの映像を鮮明に映し出せるのもおすすめです。

エイサー(Acer) ゲーミングモニター RG270bmiix

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

24型のモニターでは満足できない方には、27型ゲーミングモニターである本製品がおすすめ。色の再現性が高いIPSパネル、1msの応答速度など、PS4でゲームをプレイするのに必要な性能を備えています。

本製品は、黒の強弱を調節して、暗がりの視認性を高める「Black Boost機能」を搭載。11段階から調節できるので、ゲームを有利に進められます。

さらに、表示遅延やカクつきを抑える「AMD Radeon FreeSync」を内蔵。滑らかなゲームプレイを求めている方に最適なゲーミングモニターです。モニター設定画面も直感的なUIになっていて、操作に余計な時間がとられません。

ベンキュー(BenQ) 24型ゲーミングディスプレイ ZOWIE XL2411P

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高さ調節機能を搭載した24型ゲーミングモニター。指一本で手軽にアングル調節ができるため、最適なポジションにこだわる方におすすめの1台です。暗い場面での視認性を高める「Black eQualizer機能」を搭載。ゲーム中の見えにくい暗所をはっきり表示して、隠れている敵などを見つけやすくします。

ほかにも、色の鮮やかさを調節して、敵を見やすい状態にできる「Color Vibrance機能」など、ゲームを有利に進める機能が満載。リフレッシュレートは144Hzですが、DVI-DLかDisplay Port接続時しか対応していないことには注意してください。

エイスース(ASUS) ゲーミング液晶 ROG SWIFT PG258Q

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リフレッシュレート240Hzの超高速描画が可能な24.5型のゲーミングモニター。0~120mmの高さ調節・90°の回転・上下角度は+20°~-5°に対応しており、ベストなポジションを見つけやすい1台です。

本製品は、内部に熱をこもらせないように配慮されたエアフローを搭載。通常の約2倍もの大型ヒートシンクを内蔵して、上部の排気口から効率よく熱を逃がします。長時間FPSをプレイする方にもおすすめです。

さらに、本体背面の見えない場所に入出力端子を集中させることで高いデザイン性を実現。接続ケーブルが見えないのでゲームに没頭できます。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 24.5型ゲーミング液晶ディスプレイ GigaCrysta EX-LDGC251UTB

 

 

 

 

 

 

 

 

 

応答速度0.6ms、リフレッシュレート240Hzという圧倒的な性能を備えた24.5型ゲーミングモニター。コントローラでの操作から表示までの内部フレーム遅延は約0.05フレームなので、動きの速いFPSにおすすめの1台です。

高さ調節・回転・上下の角度調節・左右回転のすべてに対応。また、画面回転アプリをインストールしておけば、回転時に画面表示も自動で回転する設計です。光の反射を抑えるノングレアパネルを採用。長時間ゲームをプレイしても、目が疲れにくいところもポイントです。リモコンが付属しており、入力機器の切り替えもワンプッシュでできます。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 240Hz対応ゲーミングモニター 27GK750F-B

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大画面ながらリフレッシュレート240Hzに対応した27型ゲーミングモニター。大画面に滑らかな映像を映し出します。1コマ1コマの間に黒を挿入することで残像感を軽減する「1ms Motion Blur Reduction」機能を搭載。FPSは高速な動きが発生するため、映像をくっきり表現できるのがメリットです。

映像の暗い場所を認識して、意図的に明るくする「ブラックスタビライザー」機能も搭載。敵を素早く認識するのに役立ちます。ゲーミングに特化したUIを備えていて、ピクチャーモードの切り替えや各種設定を直感的に行えるところもポイントです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 曲面型ウルトラワイドゲーミングモニター 34UC79G-B

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

曲面形状が特徴の34型ウルトラワイドゲーミングモニター。横長のモニターで臨場感を味わいたい方におすすめします。横方向の視野が広く、通常では表示できない範囲の敵を素早く見つけられるところもメリットです。

グラフィックボードから受け取った映像信号を処理した後に行う「フレームバッファに格納する」プロセスを省略する「DASモード」を搭載。通常であれば、どうしても発生してしまう1フレーム以上のラグを最小限に抑えます。急速充電に対応したUSB3.0ポートも装備。スマホやタブレット見ながら、長時間ゲームをプレイできます。

イイヤマ(iiyama) 4Kゲーミングモニター B2875UHSU-B1A

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちらつきやティアリングがない「AMD FreeSyncテクノロジー」を搭載した28型の4K対応ゲーミングモニター。滑らかな画面でゲームを楽しみたい方におすすめです。最大130mmの高さ調節・上下17°の角度調節・左右各45°の画面の向き調節など、多くの機能を搭載。最適なポジションでゲームをプレイできます。

Display Port・HDMI・DVI-D・D-Sub 15ピンの4つの映像出力に対応。すべての出力に対応するケーブルが付属しており、ゲーム以外にもさまざまな機器と接続できるところもポイントです。

エイサー(Acer) 28型ゲーミング4K液晶ディスプレイ CB281HKbmjdprx

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高性能なスタンド機能を搭載した28型の4K対応ゲーミングモニター。特に上方向に対する35°の角度調節が魅力です。そのほかにも、左右各30°の首振り機能・150mmの高さ調節・モニターを縦方向にする回転機能など、多くの機能を搭載しています。

眼精疲労を抑える「ブルーライトフィルター機能」を搭載。ブルーライトの透過率を、50~80%の間で4段階の調節が可能です。内蔵スピーカーは、4W×2のステレオスピーカー。外部スピーカーを接続しなくても、パワフルなサウンドを楽しめます。

エイスース(ASUS) ゲーミングモニター ROG SWIFT PG27AQ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高視野角のIPSパネルを採用した27型4K対応ゲーミングモニター。目の疲れにくさより、高精細な画質を重視する方におすすめの1台です。本製品は、ゲームジャンルに合わせて最適な画質を選択できるのが特徴。ゲーム用のFPS・RTS/RPG・Racingに加えて、映画用のCinemaなども選べるので、映像コンテンツの視聴にも最適です。

スタンドの支柱部分に、便利なケーブルガイドを搭載。背面のケーブルを1か所まとめられる上に、ゲーミングに特化しているシャープなデザインでゲームに没頭できます。

いかがでしたでしょうか??

モニターは見比べたりすると意外と映像などが違うのでいいものを買うとその分心地よくゲームができるかもしれません。

お読みいただきありがとうございました。







きじした




-PC

Copyright© らくらく徒然情報 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.