日々思ったことや情報を楽しいことを発信していきます

らくらく徒然情報

スポンサードリンク




日記

新宿御苑にいってきた 東京のおすすめ観光

更新日:

皆さんこんにちは今年の夏は本当に暑いですねー外に出たらすぐに汗かいてしまってしかたないですよ(笑)

そしてそんな灼熱の都会にある癒しのスポットに今回行きました。

その名も新宿御苑!

新宿駅をでて少し行くと緑が見えかなり大きな公園になっています。入場料は大人で200円、小中学生で50円ですね。公園なのにかなりしっかりした入り口で驚きましたね。

ピッとQRコードをてらすとゲートが開いて入ることができます。さすがに日が当たるところは暑いですがかなり空気がいいです。森の中だと気持ちよくセミがミンミンと鳴いていました。

新宿御苑の歴史

次は新宿御苑の歴史をサラッと見ていきましょう。

新宿御苑は江戸時代に信州高遠藩主、内藤氏の屋敷があった場所に、建てられ新宿御苑が誕生したのは明治39年(1906)にできたそうです。もともとは皇室の庭園として造られましたが、戦後は国民公園となり、一般の人々にも開放されました。

新宿御苑の始まりは天正18年(1590)に譜代大名であった内藤氏が徳川家康よりこの地を拝領したときまでさかのぼります。

そして明治5年(1872)には、日本の近代農業振興を目的とする内藤新宿試験場が設置され、その後、宮内庁所管の新宿植物御苑となり、明治39年には日本初の皇室庭園である新宿御苑が誕生しました。

庭園の建築様式は、フランス式整形庭園、イギリス風景式庭園と日本庭園を巧みに組み合わせた庭になっており、明治時代の代表的近代西洋庭園であり、日本における数少ない風景庭園の名作と言われています。

今では新宿御苑は四季折々の自然が楽しめる場所になっています。

ざっくりですが新宿御苑の説明でした。

行ってみて

まず思うことは都会にこんなところがあるという事実。緑の中にいると日々のことを忘れてしまいそうなぐらいいいところです。

ゆったりと散歩するもよし寝るもよしランニングもいいですね。

何個か売店もあるので休憩もできてとてもいいところだと思います。

お読みいただきありがとうございました。







きじした




-日記

Copyright© らくらく徒然情報 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.